パソコン教室では教えてくれない、マニュアル本にも書いてない超実践!

企画書、報告書、議事録、調査レポートをなど、とにかく書類仕事が多いコンサルタントの悩みに応えます。

パソコン教室では教えてくれない、マニュアル本にも書いてない超実践!
企画書、報告書、議事録、調査レポートなど、とにかく書類仕事が多いコンサルタントの悩みに応えます。


率直に言って、この講座の価値は、全ての人に理解できるものではありません。また、お申し込みいただいた方全員がマスターできるわけでもありません。

しかし、私が今回新しく始める” 120%使い倒す、コンサルタントのための実用Microsoft Word講座”は、Wordを使って仕事をするあなたのために役立つことを確信します。 企画書、報告書、議事録、調査レポート、仕様書、マネジメントシステムの構成文書などの文書を作成することを仕事にするコンサルタントや研究員、事務職が、 ミスを無くし、 作業時間を半減させ、美しい文書を量産させることにつなげていただける、Microsoft Wordとの友好な付き合い方を特別にご紹介致します。

いまや文書編集ソフトは、Microsoft Word一択の時代です。OSやライフスタイルにおいてはWindowsとMac、それ以外のOSも含め共存しているものの、 文書編集ソフトにおいては議論の余地がありません。
かろうじて スマホではGoogleドキュメントやプレインストールされているオフィスソフトが使われているケースがあるでしょう。しかしそれもスマホアプリならばMicrosoft Wordは無料で使えるようなっています。 Microsoft Wordは全方位で無敵なアプリケーションソフトになったと言って過言ではないでしょう。

初めてのWord、ズバリ解決!などのマニュアル本も多数出版されていますし、パソコン教室に行けば初歩から上級まで、様々なクラスがあります。
例えば、MOS(Microsoft Office Specialist)といえば、数あるパソコン資格の中でも認知度の高い人気資格であり、一つの目安になるのは確かでしょう。

しかし、NECが大学1~3年生と就職活動を経験した大学4年生、新卒採用に携わった人事採用担当者を対象にPCの利用に関する意識を調査した結果によると、以下のように報告されています。

Word/Excel/Powerpointなどを使用する資料作成スキルに対する意識としては、大学1~3年生では96.8%、大学4年生では95.6%がPCスキルの必要性を感じると回答。一方で大学1~3年生の75.7%、大学4年生の70.7%が自身のPCスキルに自信がないと回答した。

新卒の採用担当に携わったことのある社会人を対象に、新入社員のPCスキルを聞いたところ、全体の57.2%がPCスキルの不足を感じると回答しており、学生が感じるPCスキル不足を裏付ける結果となった。

大学生のPC所有率は9割、一方で7割がPCスキルへの自信なし

Wordは使いずらい、思い通りにならない、という恨み節もいまだによく聞きます。
仕事で一番に使う道具でありながら、基本的には職域で教育されている、独学で勉強することが多いのです。

” 120%使い倒す、コンサルタントのための実用Microsoft Word講座”では、ググって分かるWordの機能などは説明しません。多くの企画書や報告書の作成に携わってきたコンサルタントが、 ミスを無くし、 作業時間を半減させ、美しい文書を量産させることを目的にMicrosoft Wordの使い方を教えます。
まずは基本機能を理解することでその後、120%、いやそれ以上、Wordを使い倒すことができるようになります。


今回の ” 120%使い倒す、コンサルタントのための実用Microsoft Word講座” ではこのような問題にお応えします。

  • Wordを使って3ページ以上の文書を作成することが多い。
  • 実際に文書の作成に割く時間よりも、Wordの機能を調べている時間の方が長い。
  • タブ、ルーラー、字下げ、ぶら下げ、段落、行間、セクション、スタイル設定などを適切に使ってみたい。
  • 修正履歴やOneDriveを使って適切にチームで文書を共有し、文書の作成工程を最適化したい。
  • 文字サイズを大きくしたら、行間が極端に変わってしまうなど、Wordの挙動にどうもなじめない。
  • 一太郎のほうが良かったと思っている。
  • 章番号や脚注、図表番号などを挿入しているが、修正があったときに文書全体の番号差し替えが必要となり、大変な思いをした。
  • 量産が必要な文書は書式をテンプレート化として作業時間を短くしたいと考えていた。

このように、Wordを使った文書作成に取り組んでいて、それに対してしっかりとした価値を持っていらっしゃるあなたにこそ、ピッタリのサービスです。


それでは” 120%使い倒す、コンサルタントのための実用Microsoft Word講座” の具体的な内容をお伝えいたします。

週一回のオンライン講座(ZOOMを利用したLIVE講座)

オンライン講座ですので、自宅からでもアクセス可能です。夜の時間帯で行いますのでくつろいだ服装で大丈夫です。
LIVE講座ですから、参加者の理解度に合わせて講座は進めます。分からないところはすぐに質問できます。勉強がメインではありますが、講座には他の参加者もいますので、一緒に勉強する相手が見つかったり、仕事の協力者が見つかる可能性があります。しかも、その相手は勉強会に来るくらい熱心に学ぶ真面目な性格ですので、実際にお付き合いが始まった後のことを考えても、信頼がおけますよね。

オンライン講座のアーカイブ閲覧

もし用事があってオンライン講座にアクセスできなかった場合でも録画をアーカイブしますので都合の良いときにアクセスして学習してください。もちろん、復習に使ってもらうこともできます。

Wordのセッティングのチェックとアドバイス

Wordのメニュー構成や基本的な設定など、使いやすくする方法があります。希望があれば、個人のパソコン環境についてチェックし、アドバイスすることができます。

非公開のFacebookグループへの招待

当講座の受講者専用のFacebookグループにご招待します。講師に対して質問ができるほか、受講者同士の交流ができます。インターネットを使用するので、遠方の方でも関係なくご利用いただけます。近郊の方でも、実際に同じ場所へ出向かなくて良いので、無駄な時間を掛ける必要がありません。

すぐに使えるWordのスタイル集 厳選20種

すぐに使えるWordのテンプレート集 厳選5種

” 120%使い倒す、コンサルタントのための実用Microsoft Word講座”の値段はいくらか?

その前に通常のサービスの価格をお伝えします。

サービス名提供方法時間料金
パーソナル・コーティング・サービス オンライン 1回30分~1時間 7,000円~
MOS試験対策教材 自習教材 全12回 40,000円~
シニアコンサルタント
個別コンサルティング
面談 1時間 20,000円~

1時間の単価20,000円のシニアコンサルタントが全12回担当するこの講座は、24万円の価値があります。
Wordのスタイル集、テンプレート集も現役のコンサルタントが業務上で実際に利用しているものであり、 一般には手に入らない希少なものです。こちらは正直、値段をつけられるものではありません。それでもあえて値段をつけるなら、合計数億円の事業を生み出した企画書から生まれたわけですから、1000万円でも安いくらいだと思います。つまり合計で1,024万円の価値があるということになります。

ですが、” 120%使い倒す、コンサルタントのための実用Microsoft Word講座” は、たったの72,000円(税込)です。
今回は個人での受講に限定し、オンラインで同時に複数の受講生に提供するグループ受講方式を採用することで料金を抑えました。
しかも、第1期生に限っては特別に50%OFFの36,000円(税込)でご提供します。
一括払い(銀行振込、カード:Paypal)、3回の分割払い(12,000円×3回)が選択可能です。
お申し込みは、まずは以下の申し込みフォームからご連絡ください。
追って詳細をご案内致します。

概要パソコン教室では教えてくれない、マニュアル本にも書いてない。
でも日常的に直面するMicrosoft Wordの悩みを一気に解決。
企画書、報告書、議事録、調査レポートなどとにかく書類仕事が多いコンサルタントの悩みにこたえる連続講座。
対象者コンサルタント、研究員、公務員
 ・開発途上国での事業に携わる開発コンサルタント
 ・経営コンサルタント
 ・シンクタンク研究員
 ・文書の作成業務に携わる会社員
 ・事務職の公務員
※日常的にMicrosoft Wordを利用しており、基礎スキルはある中上級者が対象です。
スケジュール2019年1月24日(木)から週1回木曜日に開催
20時00分~21時00分(1時間)
全12回
カリキュラム(案)第1回 レイアウトのマジック(余白、行間、文字数)
第2回 テキストを使い倒す!(文字情報、テキスト)
第3回 フォント選びが出来栄えを左右する(フォント、セリフ、サンセリフ)
第4回 段落の不思議(段落、セクション、ページの区切り)
第5回 パンチの効いたスタイルの使い方
第6回 タブに秘められた魅力(タブ、ルーラー、罫線、表組)
第7回 理屈抜きで修正履歴!(修正履歴、比較、コメント)
第8回 始めよう、保存革命(保存、ファイル名、パスワード)
第9回 こんなアウトプットがあったのか!(印刷、PDF)
第10回 参考資料で徹底省力化(図表番号、目次、脚注)
第11回 とっておきのヘッダー、フッター(ヘッダー、フッター、ページ番号)
第12回 ビジュアルの真実(画像、図形、SmartArt)

講義45分、質疑応答15分
提供方法オンライン講座(ZOOMを利用したLIVE講座)
料金全12回 72,000円 36,000円(50%OFF)
支払方法 一括払い(銀行振込、カード:Paypal)、3回の分割払い(12,000円×3回)

申込フォーム

以下の申し込みフォームにお名前、連絡先E-Mail、支払い方法のご希望を記入の上、ご連絡ください。